記事
チャン・ドンユン、ナナ ドラマ『私の彼はキューピッド(仮)』出演確定…妖精と人間のロマンス
2022.01.07

韓国の記事にドンユンさんの記事が掲載されていましたので皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
チャン・ドンユン、ナナ
ドラマ『私の彼はキューピッド(仮)』出演確定…妖精と人間のロマンス



©동이컴퍼니, 플레디스 엔터테인먼트

俳優チャン・ドンユンとナナが新ドラマ『私の彼はキューピッド(仮)』に出演が確定した。

2022年に放送予定の新ドラマ『私の彼はキューピッド(仮)』は、
自分が放った弓に当たって恋に落ちた妖精と、その恋に絡んでしまい縁の糸が切れた
1人の女性が再会して繰り広げる、運命克服再会ロマンスドラマだ。
もし2022年の韓国に<愛のアイコン>があったらどんな姿だろうかという想像から
出発した斬新なストーリーを描く。

『私の彼はキューピッド(仮)』はドラマ『もう一度ハッピーエンディング』のホ・ソンヒ作家が
執筆を担当し、特有のウィットに富んだ台詞と立体的なキャラクタープレイを繰り広げる。
同時に『スイッチ~君と世界を変える~』『ホン・チョンギ(原題)』などを演出した
ナム・テジン監督がメガホンを取り、繊細で幻想的な映像美が目を引く
胸キュン必至のファンタジーロマンスを見せてくれる。

これに関連し、チャン・ドンユンとナナが爆発的な妖精美と女神の美貌、
突拍子もない<反論不可オーダーメイドシンクロ率ラインナップ>を完成させ、
最大の関心を集めている。 2人のファンタジー、ビジュアル、穏やかなロマンス演技が
2022年、お茶の間に最高のときめきを投下する見通しだ。

チャン・ドンユンは『私の彼はキューピッド(仮)』で自分が放った矢に当たって
恋に落ちた妖精チョン・サンヒョク役で登場し、
女心を揺り動かす<ロマンチックな魅力>を披露する。
ドラマの中のチョン・サンヒョクは、500年前にある事情で焦がしてしまった翼を
復元するために、地上で28回目の転生を経験している妖精だ。
前作『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』で女装男子役として爽やかなビジュアルと
熱演を披露し、多くの人々に愛されたチャン・ドンユンが、
今回は女性に冷たい都会の男性の魅力から辛い初恋の記憶を抱いて
生きていく姿まで様々な魅力を披露する。

ナナは『私の彼はキューピッド(仮)』で優れた美貌で、
<旧基洞のチョン・ジヒョン>と呼ばれる24時間手術専門の
動物病院の医師オ・ベクリョン役を演じる。ドラマの中のオ・ベクリョンは
清純可憐な美貌で惚れた男たちは多いが、特別な関係に発展すると
皆、災難に見舞われるため男を避ける人物だ。
『ジャスティス-復習という名の正義-』、『恋の始まりは出馬から!?~すべき就職はしないで出師表~』
『Oh! ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~』などに出演し、
法廷ドラマからコミック、ロマンスまでジャンルを問わず演技力を披露したナナは
オ・ベクリョン役を通じて高慢な外見とは違って、たった1人の運命の人に
出会うために崖っぷちで千回の祈りも躊躇わない突拍子の無さをかわいらしく表現し、
安心して観ることができるロマンス演技の達人であることを証明する。

制作陣は「ドラマ『私の彼はキューピッド(仮)』は一度見るとハマることが出来る
キャラクター中心のファンタジーロマンスに飢えていた視聴者にとって
オアシスのような作品になる。2022年、味気ない日常に吹き荒れるときめきを与える
運命克服再会ロマンス、『私の男はキューピッド(仮)』に多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2020 dongyicompany & C MEDIA All Rights Reserved.